ブログを書天則。


by Trial-6

プロフィールを見る

記事ランキング

タグ

(73)
(60)
(42)
(37)
(35)
(28)
(28)
(24)
(24)
(16)
(15)
(13)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(7)

ブログパーツ

特撮『仮面ライダーW 第42話』 感想

結局、真犯人は上杉だった。今回は作中でミスリードというよりも、公式HPに騙された感じ。泪が全く悪女では無かったという・・・描写があんまり悪女っぽく無かったので『風都史上最強の悪女』を描こうとしましたというHPの文章で、逆に泪が犯人なのかと思ってしまったが、そんなことは無かったぜ・・・。あと変身入れ替わりトリックは、もしや上杉が女装してたのかと斜め上の予想をしていたが、ドーパントの能力による光学幻術だったようだ。んなもん判るかよw

一応、探偵モノにするならまともに推理可能な感じにしておいて欲しいよなーと思う。推理とかトリック部分は子供騙しレベルでもいいので。今回の場合なら、あの幻術変身シーンを入れずに、変身するシーンだけは絶対に祥太郎たちに見せない演出にするとか。幻術ドーパントというならまた話は別に違うのかも知れないが、奴はジュエル(宝石)ドーパントだぞ。あまりにもドーパントが何でもありな感じに応用が効きまくる能力を持っていたら推理も糞も無くないか?という感じ。

あと、一番気になったのが上杉の腕吊り。特に負傷したシーンも無かったはずなんだけど、いつのまにか腕を吊ってて前回から気になっていたが、結局なんだったんだろう・・・。何の目的で腕を負傷したように装っていたのか、最後までよく分からなかった。ダイヤの指輪を隠していたわけでもないし。ジュエルドーパントが、腕にダメージを負うシーンありきで、あの腕吊りというのなら、演出上意味はあるんだろうけど。単にドーパントの被害者を装っていたのか?

今回の見所といえば、クレイドールXの眼がめちゃ怖かった。初登場時は気にならなかったが、真っ白い地球の記憶の部屋であの赤く光るギョロ眼は、鬼気迫るというか普通に怖い。
[PR]
by trial-6 | 2010-07-11 14:06 | 作品・感想

最近好きな作品

・信長の野望・創造(ゲーム)
・SimCity(ゲーム)
・獣電戦隊キョウリュウジャー(特撮)
・仮面ライダー鎧武(特撮)
・マギ(漫画)
・ONEPIECE(漫画)
・シグマフォース(小説)

カテゴリ

ヘッドライン
雑記
レポート
作品・感想
購買録
プロフィール

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
more...

その他のジャンル