ブログを書天則。


by Trial-6

プロフィールを見る

記事ランキング

タグ

(73)
(60)
(42)
(37)
(35)
(28)
(28)
(24)
(24)
(16)
(15)
(13)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(7)

ブログパーツ

ジョーカー 許されざる捜査官 感想

参照:『ジョーカー 許されざる捜査官』(wiki)

まず一番に思ったつっこみどころは子供の親父の演技だろう。過剰演技ってレベルじゃねーぞw

それはともかく、そもそもタイトルの時点でかなりあれな匂いがするわけだが。こういう漫画っぽい設定って、中途半端にやるとギャグにしかならないと思うんだ。まず、第一に法で裁けぬ悪を討つみたいなのを現代社会舞台でやると、単なるサイコパスか犯罪者でしかないだろという。江戸時代を舞台にやっている必殺シリーズでさえ主人公たちは明確に犯罪者な殺し屋として描かれていた訳ぞ。同心の中村主水含めて。

作品全体に流れる必要悪だよねみたいなムードがまず駄目。こういうテーマの作品でそれやるとぶち壊しじゃ無いのか?時代劇じゃあるまいし、人を殺している時点で勧善懲悪から逸脱している。まさか、酷い犯罪者なら殺したいよなというのがテーマな訳でもあるまい。だとすると、因果応報的なテーマで描くしか無いと思うんだけど、もしかして油断させておいて、最後は主人公も徹底的に酷い目にあってのたうち回って悲惨に死ぬとかいうラストが用意されているなら話は別だが。通常は、徹底的に主人公を断罪する犯罪者以上のサイコとして描くか、一人の犯罪者として描くかのどっちかしか無いと思うんだけど。

あと、糞作品にありがちな如何にもな感じのキチガイ快楽殺人犯。いつも思うが、特にリアリティも無いし、迫力も無い。このテンプレな糞キャラクター像は何なんだろう?一種の記号的な邪悪な人物像なんだろうと思うんだが、誇張されすぎで人間というより怪人の類に近い。割とシリアス風のドラマにこの手のキチガイ怪人が出てくるとギャグにしか見えない。殺されて然るべき怪人という事なのかもしれないけど。陳腐すぎる。それなら、まだ着ぐるみ着せておいてコイツは人間に化けた人外でしたと言われたほうがまだリアリティがあるレベル。そういうフィクションっぽさで話が面白くなっているならまだしも、単にリアリティがなさ過ぎて普通につまらん。

主人公のトラウマっぽい過去シーンも酷い。少年時代に犯罪者を殺したことがトラウマになって快感になってしまったって事なのか?そういうサイコ性の芽生えを示すシーンなら異常性が強調されて良いと思うんだけど、単に今の主人公の行動に対する言い訳めいた雰囲気シーンだったのがなんとも。あの過去自体が、無理やりこじつけっぽく作られたせいだろうけど、あの犯罪者の言動は不自然すぎる。何がしたいんだよこのオッサンは?言動が完全に、主人公を犯罪者キラーにするためだけに自分の命を投げ出した運命の導師という感じ。全力で、さぁ早く俺を殺してトラウマを追って立派な処刑人になるんだぞ!!と主張しているようにしか見えない。

普通によく分からないシーンもあった。ラストの犯人が簀巻きにされてクルーザーに乗せられて出航させられてたシーン。その前に、普通に射殺されてたと思ったんだが。単にビビらせただけなのか?思いっきりもがいてたので特に怪我も無く、ただ簀巻きにされて舟に転がされていたように見えたんだけども・・・あれって普通に救助される可能性も大きいし、思いっきり不審極まりない死体が発見されてしまうような・・・。むしろ自力で簀巻きから脱出することすら可能に見えるんだけど。主人公はマジで何がしたかったのか、あのシーンで意味がわからなくなった。処刑はしたいが、直接殺すのは嫌なので餓死を期待しつつ島流しにしたってこと?だったらちょっとマヌケすぎるような気も・・・。

主人公が普通に優秀なのに、やたらと部署内で舐められてるのも変な感じだった。ボンクラならともかく、今回も何だかんだでこいつが真犯人見つけきた訳だし。昔は凄い刑事だったのに・・・みたいな雰囲気でキャラが語られていた気がするが、今でも普通に凄いじゃん。キャラクター的に中村主水フォロワー的な部分があると思うんだが、それならそれできっちり普段の顔を偽装する必要があると思うんだよな。警察組織の矛盾に嫌気がさして、普段は真面目に仕事をしないようになった・・・けど、犯罪者への義憤は人一倍でついつい闇の処刑人をしてしまいますみたいな。普段もきっちり真面目に刑事やってるけども、犯罪者もぶっ殺しますでは逆に矛盾してないかと思ってしまう。真面目な刑事は人を殺さねーよという点で。

あと、神隠しのくだりは要らなかったと思った。法で裁かれなかった犯罪者が謎の失踪するらしいよという、意味ありげなうわさ話シーン。犯罪者が姿消すとか普通すぎるだろ・・・。とぼけたバーのマスターが超常現象かなぁとか言っていたが、むしろ超常現象の要素がどこにあるんだよと。

全体的な印象としてやたらと、説明的なセリフが目立ってた。心情とか、行動の理由とかをいちいちセリフで説明してくれる。あと、厨二病的な問いかけとか。正しく糞作品のテンプレって感じ。あと、堺雅人をキャスティングするならにこやかな仏の笑顔のまま笑いながら犯人をいたぶって殺す感じのサイコキャラにすべきだったと思う。ギャップ的な意味で。そうすれば、よりこう通常時の笑顔に謎の迫力というか狂気が感じれて面白いのに。タイトルがジョーカーなだけに、主人公の裏の顔を完全にジョーカーばりの極悪サイコ野郎にしとけばさららにぶっ飛んでて良かったかもしれない。
[PR]
by trial-6 | 2010-07-16 02:16 | 作品・感想

最近好きな作品

・信長の野望・創造(ゲーム)
・SimCity(ゲーム)
・獣電戦隊キョウリュウジャー(特撮)
・仮面ライダー鎧武(特撮)
・マギ(漫画)
・ONEPIECE(漫画)
・シグマフォース(小説)

カテゴリ

ヘッドライン
雑記
レポート
作品・感想
購買録
プロフィール

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
more...

その他のジャンル