ブログを書天則。


by Trial-6

プロフィールを見る

記事ランキング

タグ

(73)
(60)
(42)
(37)
(35)
(28)
(28)
(24)
(24)
(16)
(15)
(13)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(7)

ブログパーツ

映画『SPEC 天』 感想

映画観てきた。これぞ劇場版という感じで凄い良かった。

冒頭から、TRICKかよwって感じの胡散臭すぎる掴みでが良い。この御時世に、ファティマの預言書持ってくるセンスとか、陰謀史観丸出しで、人間VSミュータント(SPECホルダー)の終末戦争とかいうコテコテなテーマやってくれるところとか好きだなーって感じ。

正直、何かこうテーマを深く掘り下げてあったり、映画として面白いってのは無いんだよね。寒いギャグ入れまくってワザとなのかと思うくらい熱心にドラマにのめり込めない構造をしてたり、サンプリング的にジャンル要素だけをポイポイ入れて繋ぎあわせてある大雑把かつ、ベタなストーリー構造とか、全体的に冷めた印象がある。ただ、個人的にそういうテイストが凄い好きなので大満足でした。

びっくりするほどツマラナイ部分があるんだけど、要素だけ抽出していくと凄い満足のいく映画。そんな感じ。

広義で、SPECってパロディ的な作品だと思うんだよね。X-MENだとか、ジョジョだとか、そういう感じの異能力者モノを日本のドラマでやってくれないかなー見たいな願望を形にしたような感じ。もちろん仮面ライダーアギトとか、ファイズとか、まじめにやっているドラマ作品もあるんだけど、そういう真面目系には出来ない臆面もない敵キャラが完全にDIO様みたいな事をやれちゃうのが強みかなと。

何か、能力者モノで目新しいドラマを見せてもらえるというのは正直、期待してないんだよね。だいたい、似たような陳腐な感じになるか、先鋭過ぎてついていけなかったり、受け入れ難かったりする。だったら、半ばパロディ的に意図的に陳腐化させることで、ベタ(王道)かつ、みんなが見たいモノを見せれるという選択は有り。

今回の劇場版も、全体的に破錠も多いし、表現としてチープな部分も多いのでクオリティ的には不満が残る人はいたんじゃないかなとは思う。せっかくやるならもうちょい良いモノ見せて欲しいという意見は納得。


内容に関して言うと、伊藤淳史役の伊藤淳史が最高すぎるだろという。人殺しまくって、かなりおぞましいSPEC能力持ってるのに普通の伊藤淳史だwwwみたいな。身体からニードル出す能力かつ思いきや、何故か途中から手がザ・グリードみたいに変形してて何じゃそりゃと思ったが、あれは単にザ・グリード的な物に次々と警官隊が殺されていくという画が欲しかっただけじゃないかなと思った。

あと、伊藤淳史のニードル能力の描写が良かった。T-1000見たいなヤツ。飛行機落とすシーンが最高。

最後のニノマエのアジトに乗り込む所が、まんまディオの屋敷に乗り込む感じな上に、思いっきりアジトの机の上にジョジョの単行本がどさっと置いてあってワロタ。ここまでやったら荒木先生も観たりしてんのかねぇ。

そんな感じ。
[PR]
by Trial-6 | 2012-04-17 02:28 | 作品・感想

最近好きな作品

・信長の野望・創造(ゲーム)
・SimCity(ゲーム)
・獣電戦隊キョウリュウジャー(特撮)
・仮面ライダー鎧武(特撮)
・マギ(漫画)
・ONEPIECE(漫画)
・シグマフォース(小説)

カテゴリ

ヘッドライン
雑記
レポート
作品・感想
購買録
プロフィール

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
more...

その他のジャンル