ブログを書天則。


by Trial-6

プロフィールを見る

記事ランキング

タグ

(73)
(60)
(42)
(37)
(35)
(28)
(28)
(24)
(24)
(16)
(15)
(13)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(7)

ブログパーツ

ミステリーメイカー

暇だったので、カードとサイコロでミステリー風のシナリオを創るゲームを考えた。

用意する物:①サイコロ2個、②『どこで』カードデッキ、③『遺留品』カードデッキ。

まず、サイコロを2個振って発見できる遺留品の数を決定。次に事件の発生場所を決める為に『どこで』カードデッキからカードを1枚引く。場所が決まったら、最後に『遺留品』カードデッキから最初にサイコロで決めた数だけカードを引く。

後は、事件の発生場所と遺留品から、事件発見後の捜査過程をロールプレイしつつ、パズル的に無理の無い事件の真相を推理できれば成功。異常に難しいぞ!

難易度を下げるための補足要素としては、遺留品に死体(『死体』カードデッキから1枚引く)を加えて手っ取り早く殺人事件に固定してしまうの事。後は、発見までの経緯を呼びだされてとか、通りがかりってとか適当に設定すれば捜査過程でのロールプレイの助けになる。みたいな。

事件が解決できるかどうかよりも、ストーリー的に膨らませたい場合は探偵役の所有スキルを制限してしまうこと(同じく『スキル』カードを使ってランダムで決定しよう)。筆跡鑑定はできるけど、DNA鑑定は出来ないので専門機関の助けが必要みたいな感じだ。


サンプル:
居酒屋で死体が発見される。目撃者は無し。被害者は溺死している。現場には犯人の物と思われる指紋毛髪、被害者の物と思われる財布携帯電話があった。事件に関わってそうな遺留品として他にも不気味な絵画奇妙な生体サンプルを発見した。さらに現場には時限爆弾まで残っていた。

探偵に爆弾解除のスキルがあれば、時限爆弾を処理してからゆっくり遺留品を調べれば良い。もしないのであれば、持ち出せるだけの遺留品を持ってすぐに居酒屋を飛び出すしかない。指紋や死体はその際、持ち出す事はできず爆発で燃えてしまうだろう。法医学の知識が無ければ、この時点で死因が溺死だったかどうかも判明していないだろう。

指紋毛髪、爆発させずに済んだのなら時限爆弾は犯人の特定に繋がる重要な手掛かりになるだろう。財布携帯電話は被害者の特定に役立つはずだ。不気味な絵画や、奇妙な生体サンプルは、しかるべき美術品鑑定人や研究機関へ持ち込めば情報が得られるだろう。ロールプレイによって十二分に推理材料が揃ったら、犯人と被害者の正体、事件の全貌を考えてみよう。

あくまで妄想推理なので、遺留品が1つ減ったり増えたりするだけで印象が全然変わってしまうのが面白いので、その辺を楽しむべしという感じ。事件モノのストーリーを考える際のブレイクスルーにもなるんじゃないかな。やってる本人が正解を知らないので、捜査の手探り感だけは凄い味わえること必至。
[PR]
by Trial-6 | 2013-05-30 21:59 | 雑記

最近好きな作品

・信長の野望・創造(ゲーム)
・SimCity(ゲーム)
・獣電戦隊キョウリュウジャー(特撮)
・仮面ライダー鎧武(特撮)
・マギ(漫画)
・ONEPIECE(漫画)
・シグマフォース(小説)

カテゴリ

ヘッドライン
雑記
レポート
作品・感想
購買録
プロフィール

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
more...

その他のジャンル